フリーランスのうえせいがワークライフバランスを保つためにやっていること

宮古島でパソコン

2015年4月19日ライフハック

私うえせい(@charin_co)、フリーランスになってから2年ほどたちました。
もう、サラリーマンには戻れないでしょう。
なぜなら、フリーランスの仕事というのは、自分がどんな仕事をするか、いつまでにどうやってそれをするかを選ぶ自由があります。
もっと言えば、サラリーマンというのはイヤな仕事でも我慢してしないといけない。
対して、フリーランスの仕事は嫌な仕事でしないほうがいいです。

収入になるといって受けてしまうと、クオリティの低い仕事になってしまいクライアント様にご迷惑をかけることもあるからです。
私の場合は、できるだけ知り合いをご紹介するようにしています。

これだけみると、ノンビリしているようにも見えますが、ワークライフバランスなんていうのはあってないようなものです。
おそらくサラリーマン時代よりも、労働時間はあきらかに長くなるので、気をつけていないと四六時中仕事ばかりになります。

そこで、私うえせいが気をつけていることを自分への戒めも込めて書いておきます。

sponsored link

そもそも、ワークライフバランスとはなに?

宮古島でパソコン

ワーク・ライフ・バランスとは、「仕事と生活の調和」と訳され、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」ことを指す。
ウィキペディアより

 

休憩時間や休暇はだれも、準備してくれたりアナウンスしてくれない

分かりきってることなんですが、長い間サラリーマンをしていると、ここのところが上手にできないんですよ。
フリーランスという立場で、仕事の納期が遅れたりクオリティが下がるということは、上司から叱責を受けるという以上に、収入に直結するんです。
そのことは痛いほどわかるので、休暇や休憩、それこそ睡眠時間を削って仕事をしてしまうのです。

 

だからこそ、自分で決め事をしておく必要があるのです

うえせいイラスト
だれも管理をしてくれない中で、フリーランスとして生計を立てられているというのは、それなりにキッチリ仕事ができているのです。
だけど、キッチリ仕事ができていても、休暇をとったり休憩をとったりできるというのとは別なんです。

そのために、うえせい(@charin_co)が気を付けていること、ご紹介します。

 

定期的にお休みの予定を入れて、そこには仕事がいれない

休みの日は、休みの日として1ヶ月先まで先にきめてしまいます。
そして、そこにはなんとなく休みではなく積極的に「休む」ということをするために、趣味の時間、マッサージに行ったり、どこかへ出かけたり、と要は一人でもなんでも何かをする予定を入れてしまいます。
そうすれば、休息をとるだけや気持ちをリフレッシュさせたりと効果こそ違いますが、心身のケアに役立つことには違いないのです。

本当に好きで、いくらやっても苦にならないことを仕事にする

歯を食いしばって仕事をするのは、正反対に成果物としては大したものではありません。
だって、そんなに顔をしかめてやるような仕事なんて、辛いんです。

だったら、楽しくのめり込んでやれる仕事をしたほうがいいでしょ?

そのほうがクオリティーが高いんだから。
それに、なんか嫌そうにしながら仕事を受けるひとに発注したくないですよね。

自分に合ったワークライスバランスを見つけるには、多少試行錯誤が必要です。
私もじつは、試行錯誤中です。

余暇は仕事をがんばったご褒美ではなく、その反対

今月も先に予定が入っているのです。

「うえせい付き合い悪いなぁ」
と想っている方もおおいでしょうけれども、クオリティーの高い仕事を行うために積極的に休みを取り入れています。
ご了承くださいね。

少しはお役に立てましたでしょうか?

では、また次の記事も読んでやってくださいね。
テリマカシ

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ