「親指シフト」マジ使える! ものくろさんの「親指シフト道場」に参加してよかった点

親指シフト道場

パソコンで、日本語を入力する時にローマ字入力でもなく、カナ入力でもなく、もう一つの入力方法としての「親指シフト」というものがあるんです。
わりとマイナーなんですが、一部の人達の間ではすごくもてはやされているんですよね。

実は、私うえせい(@charin_co)は、フットサルの試合中に右手小指を骨折したことがあって、治ったあとも動きが悪く、キーボード入力作業が増えると右手が異常に疲れるのです。

その解消になるのではないかと思って、設定方法から練習のコツまで教えてくれる、ものくろさんの「親指シフト」道場に参加してきました。

 

sponsored link

親指シフトって、どんなもの?役に立つの?

親指シフトというのは、Wikipediaによると

日本語の「かな」を入力するため、1979年(昭和54年)に、富士通が考案したキー配列規格の一種である。ほぼ同時期に確立したQWERTYローマ字入力や、それ以前から存在したJISかな入力などと同様に、親指シフト規格は「かな漢字変換」のためのかな入力手段(日本語入力)として使用される。
NICOLA(ニコラ)は、日本語入力コンソーシアムが親指シフト規格のうち一部仕様を変更した規格である。

となっていて、日本語入力のための規格ということになります。

前述の右手小指骨折だけでなく、実は1つ思っていたことがあって、普段私はローマ字入力をしているのですが、これだと母音以外は一文字入力するのに、2回打鍵しないといけないという無駄な動きがあるのです。

それもあってかな入力を練習しようとも思っていました。

 

かな入力はキーボードの範囲が広すぎる

カナ入力
ご覧のとおり、ほぼ4段まるまる使うのです。
これは、アルファベットは全部で23文字、日本語のかなは全部で51文字でほぼ倍以上ある関係で英字キーボードよりキーが多いJISキーボードを使ってそれでもいっぱいいっぱいになるということ。

ただでさえ、小指が痛いと言っているのにこれだけ広い範囲のキーを頻繁に打鍵するというのは、現実的ではないでしょう。

 

【これは良かった】うえせい、ハッキリ言って練習すればかなり使える

>orzレイアウト
親指を同時に打鍵することによって打鍵できる文字を変えるので、下から3段で収まっています。

その上、日本語のためにつくられた配列だからホームポジションから動かす事自体が少なくて済むし、その距離も少なくできています。

そうすると、いままでの打鍵する数は、かな打ちだから半分近くになる上、手首を動かすことが極端に少なくなる。

今から練習するとなると、はじめてPCを触って文字を入力していた頃まで戻ってしまいますが、それはそれで仕方ないです。

これから年をとるにつれて、この右手小指の動きはどんどん悪くなることでしょう。
そのことも踏まえてしっかり練習して身につけていきますね。

うえせい
私うえせい、出来ないことコツコツ練習していくの、結構好きなんです

では、テリマカシ。

 

【ものくろぼっくす】

sponsored link

親指シフト道場
lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。