自転車は、完成車を買ったらまずはホイールを交換するといい理由と、オススメホイール

2017年12月4日自転車

昔はロードバイクというと、フレームとかハンドルとか、バラバラに買って、自転車屋さんに組んでもらっていたものですが、最近は完成車を購入する方が、メジャーになっています。

その完成車の場合、販売価格を安く抑えるため、結構安いパーツがついてることもあることから、徐々にパーツを交換してきたいところ。

ただ、たくさんあるパーツの中から、まず最初に交換した方がいいパーツは、絶対的にホイールです。

ホイールを交換することをお勧めする理由は次の通りです。

sponsored link

理由1 走行時に一番回る部分だから

ペットボトル
例えば、500gペットボトル1本分の重りをホイールに付けたと想像してください。

かなり重く感じると思います。

ホイールというものは、自分の脚力で回す必要があるので、その回される部分が重くなると、ペダルの重さとしてダイレクトに分かってしまうのです。

反面、補給のためのドリンクをフレームに付けて走りますが、ペットボトル1本くらいだと、それほど違いはわからないと思います。

それだけ、感覚的に違いが出やすいパーツだからこそ、一番に交換すべきでしょう。

 

理由2 買い増しすることで、今まで使っていたホイールは予備として使える

壊れたとかではない限り、いままで使っていたホイールも残るハズです。

ロードバイクに乗っているとスローパンクと言って、帰ってくるまでは何も無かったのに、翌日になって自転車に乗ろうと思うと空気が抜けているといったゆっくりしたパンクが時々あります。

出かける前に気付くことが多く、時間がないなか慌ててパンク修理をすることになるのですが、予備のホイールにタイヤもセットした状態で置いておくといざという時の予備になります。

ホイールを購入したら、ついでにチューブとタイヤも新しいものを購入して、いままで使っていたも1通りは予備にしてしまうといいですよ。

ホイールの選び方

値段はピンキリだが、せめて前後セット5万円前後は出そう

ロードバイクを初めて購入したという方は、だいたい20万円前後からそれ以下の完成車を買っていると思います。

その価格と比べるとホイールに5万円となると、完成車の本体価格の何分の1になるね〜ん!って感じでしょうけど、その価格帯の完成車についているホイールはとても安いもので、ベテランの方からは「鉄ゲタ」なんて呼ばれているホイールです。

前後セットで1万円台といった破格のホイールも販売されていますが、それだと完成車についているものと、そんなに変わらないので、せめて5万円〜10万円程度以上のホイールを購入するようにしましょう。

 

クセの無いオールマイティーなものを選ぶ

ホイールのうちタイヤが付く部分のことをリムといいますが、そのリムの高さが高いものが販売されています。

空気抵抗を減らす目的があって、リムを高くしているのですが、その分重くなることと、横風の影響をもろに受けることから、初めてホイールを交換するという方にはあまりオススメできるものではありません。

見た目はかっこいいので、憧れますが、最初はオールマイティでクセのない優等生的なホイールにしておいたほうががいいですよ。

 

マイナーなメーカーのものは避ける

うえせい
マイナーなメーカーの皆さま、誤解なさないで欲しいのですが、決してマイナーなメーカーのホイールが性能的にダメと言ってるのではありませんので、お許しくださいね。

良いものはたくさんあるのですが、初心者さんからすと初めて完成車についていたもの以外のホイールというのは、レースやツーリング、はたまた近所のカフェに行くとなんかにも使うものになります。

ホイールのトラブルで自転車に乗れないのは辛いので、スポークが歪んだ、折れた・・なんてことがあった場合、メジャーなメーカーのホイールだと、部品交換がとても早くなるというメリットはかなりの高ポイントでしょう。

うえせい
そんなことも考慮してボクはどこにでも手に入るようなスポークを使った手組みホイールを愛用しています

 

おススメは、シマノのアルテグラグレードのホイール

現在、シマノでグレードの名前のついているホイールはデュラエースのみですが、WH-RS500がだいたい以前あったアルテグラグレードのホイールくらいの立ち位置です。

値段的にも5万円くらいとかなりお安い割には、1649gと軽量な方ですし、何よりシマノのホイールは、よく回ってくれます。

リムの高さも標準的で、とても優等生的なホイールで安心してオススメできます。

 

【まとめ】ホイール交換は、とても費用対効果が高い

結局うえせいはこう思う
ホイールを交換すると走りが体感として変化することがわかるので、費用対効果がスゴイ高いです。

私の初めて10万円くらいのホイールを購入して、装着して初めて走った時に、いままで使っていたホイールとの違いにビックリしたのを覚えています。

自転車って、そうやって一つ一つ自分仕様に変えていくのも楽しみの1つです。

ちょっと、ロードバイク楽しくなってきたなぁって思ってきたら、ホイールも検討してみましょう。

では、また。テリマカシ。

【関連記事】【Bellroy All Conditions】ロードバイクでトレーニングにでかける時に最適! 大人仕様の防水革財布

【関連記事】自転車便会社を立ち上げた経験のあるボクがオススメする、はじめてのロードバイクの選び方

【関連記事】OGK KABUTO「KOOFU」の自転車ヘルメット「BC-Glosbe」を、練習、レースに使ってからの感想

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

2017年12月4日自転車

Posted by 合同会社うえせいや 代表うえせい