世界で最も美味な料理のマッサマンカレー味が登場している

マッサマン_カップヌードル

マッサマンというのは、マッサマンカレーとも呼ばれ、2011年、CNNインターナショナルのCNNGoが「世界で最も美味な料理ランキング50」(World’s 50 most delicious foods.)に選出したことで、有名になったタイ料理です。

なんと、たまたまコンビニへ行くとそのマッサマンがカップヌードルになっていたので、早速食してみましたのでそのレポート。

 

sponsored link

世界で一番美味いというマッサマンだけにかなりイケる

マッサマンヌードル1
ちなみにマッサマンとは、Wikipediaによると・・・

ゲーン・マッサマン(タイ語: แกงมัสมั่น、kaeng matsaman)は、タイ王国に起源を持つゲーン(タイカレー)である。マッサマンカレーとも呼ばれる。
ムスリムから伝来したことから、イスラム教の食の規律に従って、このカレーは豚肉以外で作ることが多い。タイで一番多いのはチキンマッサマンである。
しかし、タイにおいても高級料理店では、牛肉、鴨肉、豆腐、豚肉が用いられることもある。
さらに、その他の食材として、ココナッツミルク、炒ったラッカセイかカシューナッツ、ジャガイモ、ローリエ、カルダモン、シナモン、トウシキミ、パーム糖、魚醤、唐辛子、タマリンドのソースが加えられる。
ターメリック、シナモン、トウシキミ、クミン、クローブ、ナツメグ等のスパイスは、商人によってインドネシアからタイ南部に輸入された。
2011年、CNNインターナショナルのCNNGoは、「世界で最も美味な料理ランキング50」で、マッサマンを1位に選出した。

となっています。

つまり、マッサマンとはタイの高級料理で、世界でもっとも美味である、ということになるのでしょう。
となっては、期待が高まります。

 

マッサマンヌードル1
コンビニで、この姿て即買でした。
ちなみに、タイ料理ということもあって、色使いなんかはそれを連想させるようになっていますね。

 

せっかくなので詳しく見てみる

マッサマンヌードル3
▲中身はこんなものが入っているようです。

マッサマンヌードル4
▲あけてみると、タイ料理っぽいスパイスの香りがする。見てみるとかなり赤みが強いので辛いのかなぁ。。。という印象。

マッサマンヌードル5
▲出来上がりました。開けてみた時と同じような色のスープです。ただ臭いから連想するには、辛い印象はないですね。

マッサマンヌードル6
▲かなり、とろみが強いので、スープにとっても絡まります。味はスパイシーな感じかと思いきや、通常のカレーヌードルと較べても辛くはないような気がします。

 

うえせいが実際食べてみて

うえせいイラスト
見た目と比べて、かなりまろやかな印象を受けました。
かといって、パンチがないわけではなく、かなり上品なカレーというイメージです。
さすが、世界一美味な料理で1位になっただけあると思いました。

これ、多分限定なんでしょうね。

かなりオススメなので、私大人買いしてストックしておきます。

マッサマンシリーズ集めました。

 

 

 

 

 

sponsored link

マッサマン_カップヌードル
lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。