トライアスロンで使えるGPS機能付きランニングウォッチはコレで決まり!

トライアスロン用GPSウォッチ

トライアスロン

トライアスロンが好きな健康オタクのWEB屋さん、うえせい(@charin_co)です。

ボクも練習のため、もちろんランニングをするのですが、その時にやっぱり自分がどのくらいの距離をどんなペースで走ったのか?は気になるもの。

最近は、スマートフォンのアプリで計測している人も多いのではないでしょうか?

健康のために走るだけならいいのですが、マラソンのレースに出たり、私のようにトライアスロンを始めたりするとたちまちスマートフォンでは、GPSを長時間使い続けることになり、バッテリーがもたなくなってきます。

うえせい
まあ、マラソンのレースで「2時間台で走っちゃうよ」なんて方は、スマートフォンで大丈夫ですが(^_^;)

そんな時に使いたいのが、GPS機能の付いたランニングウォッチです。

そして、その中でもトライアスロンで使いたいとなるとかなり、絞られてきますので、どんなものが使えるのか?をご紹介します。

 

トライアスロン用途になるとメーカーは「GARMIN」と「Polar」の2択

トライアスロン用のランニングウォッチとして、ボクが重要視しているのは次の3点。

  1. マルチスポーツに対応しているか、もしくはトライアスロン用のもの
  2. メーカーのラインナップに、スマートフォンと同期できるGPS付きサイクルコンピューターがある
  3. 別売りオプションを、自転車に取り付けるとペダルの回転数等が計測できる

そもそも、ランニングしか使えないのであれば、トライアスロンのように複数のスポーツのログを全部取ることは不可能。
自転車にサイクルコンピューターが付いていたとしても、同じメーカーのものでないと計測したデータを一元管理できないので、あとでどんな結果だったのか?がわかりにくくなります。

そして、バイクの上達のためにはペダルの回転数は測りたい。

バイクというのは、重いギアを必死で踏むよりは、ずっと同じ回転数をキープして、変速で調整する方がずっと楽に速く走れる。

そのためにはケイデンスというのですが、回転数を測ることがベスト。

しかし、そのセンサーを自転車用品のメーカーではなく、GPS付きランニングウォッチのメーカーで、オプションで発売しているとなると、かなり限られてきます。

その結果、「GARMIN」と「Polar」の2択ということになります。

 

GARMIN(ガーミン)

GARMINというメーカーは、カーナビも発売しているくらいGPSに強いメーカーです。

このため、ランニングウォッチのラインナップもかなりたくさんあって、普段使いができそうなタイプだったり、アウトドアやゴルフに用途を絞ったものもあります。

その中でトライアスロンで使うとなると、次の2タイプがオススメです。

2タイプともに、トライアスロンなどのマルチスポーツでは、ボタンを1回押すだけでスポーツの切り替え可能なところが嬉しいです。

 

GARMIN(ガーミン) ランニングGPS「ForeAthlete 920XTJ」

ForeAthlete 920XTJ
出典:Amazon

ForeAthlete 920XTJは、ラン(屋内/屋外)、サイクリング(屋内/屋外)、スイム(プール/オープンウオーター)や筋トレなど複数のトレーニングに対応しています。

HRM-Runなどの胸バンドを装着することで、ランニング中のピッチ、接地時間、接地時間バランス、ストライド幅、上下動、上下動比が測定できます。

 

GARMIN(ガーミン) ランニングGPS「ForeAthlete 935」

ForeAthlete935
写真:Amazon

ForeAthlete 935も、ForeAthlete 920XTJ同様にラン(屋内/屋外)、サイクリング(屋内/屋外)、スイム(プール/オープンウオーター)や筋トレなど複数のトレーニングに対応しています。

ForeAthlete 920XTJの上位モデルとなり、HRM-Runなどの胸バンドなしで簡単にランニング中のピッチ、接地時間、接地時間バランス、ストライド幅、上下動、上下動比が測定できます。

 

Polar(ポラール)

GARMINがGPSなら、Polarは心拍センサーです。

ポラールはいち早くハートレートモニター(胸に着けるタイプ)の製品化した心拍計のパイオニアです。

このため、心拍数の計測に関しては他社製品よりも正確で、心拍数から計算した消費カロリーや運動強度においてもかなり正確なデータを見ることが可能になっています。

そのPolarから発売されているトライアスロンモデルは次の製品です。

 

Polar(ポラール)V800Ⅱ HR

POLAR V800
出典:Amazon

もちろんマルチスポーツ対応で、トライアスロンではスイム・バイク・ランの切り替えはとてもスムーズです。

また、心拍数に関しては付属の胸に巻くタイプの心拍計か、別売のアームバンドタイプで計測することにはなりますが、かなり正確なデータを取ることが可能です。

これも別売だが、自転車のケイデンスセンサー(ペダル回転数を測る)やスピードセンサー(GPSだけよりも正確に計測が可能)がわりと安価で導入がしやすいのも嬉しいところです。

 

番外編:うえせいが使っているスマートランニングウォッチPOLAR(ポラール) M600

POLAR M600
出典:Amazon

これまで紹介したモデルは、トライアスロン用でスイム→バイク→ランという競技の切り替え(トランジッション)がスムーズで、それぞれのトレーニングも細かく分析できるようになっています。

それに対して、ボクの使っているPOLAR(ポラール) M600は、マルチスポーツに対応してはいますが、切り替えはちょっともたつきます。

ただし、POLAR(ポラール) M600の一番の特徴はAndroid Wearが搭載されているスマートウォッチだということです。

スマートフォンの通知はもちろん、さまざまなアプリをインストールすることも可能。

それでも、Apple Watchを始めとするスマートフォンと大きく異るのは、スポーツで使うことを最優先にしていて、液晶の解像度を落としたり、その他引き算できるものはして、他のスマートウォッチに比べ長く連続で使うことが可能になっています。

うえせい
トライアスロン好きのWEB屋さんとしてはちょうどいい感じのランニングウォッチです。

 

 

【まとめ】ガチで使うならトライアスロン用が便利だが、バイクとスイム(屋内含む)に対応しているならOKで、好きなものを使おう

結局うえせいはこう思う
とにかく、ガチで使いたい方で、なるだけGPSは正確で、いかに効率的にトレーニングが行えているかが知りたいなら、GARMIN

そして、正確な心拍数から運動効率を上げたいならPOLAR

この2択で考えるといいと思います。

また、少しくらいトライアスロンのレースの時に切り替えがもたついてもOKという方は、バイクとスイム(屋内含む)にも対応しているタイプのGPSウォッチを選べば、トレーニングのときなどは快適に使うことができますし、気に入ったデザインなら普段使いも可能です。

ランニングをしているけど、将来的にはトライアスロンも出たいという方は、最初からこのようなGPSランニングウォッチにしておけば、安心でしょう。

では、また。最後まで読んでくれて、テリマカシ。

【関連記事】フィジーク トライアスロン用ノーズレス サドル「TRITONE 5.5」が、かなり快適な件

【関連記事】トライアスロンは意外と簡単にスタートできる! 楽しめるポイントと簡単に始められる理由

【関連記事】大阪城トライアスロン2017完走! お堀を泳ぐ世界初の競技をレポート

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加