iPad Pro12.9(2015)を、iOS11に配信開始日アップデート。1日使い倒した感想と手順

iOS11 iPad Pro12.9

iPad pro

iOS11が2017年9月20日正式版が配信開始されました。

iOSのデバイスは、いろいろともっていたものの、気がつくとiPad Pro12.9インチ(2015)だけになっていましたが、その唯一のiOSマシンiPad Pro12.9インチをアップデートして、一日使い倒したので、その手順と感想をまとめました。

 

sponsored link

Macのdockのようにも見える。けど、なんか違う

ipadの画面

アップデートしてすぐは、あまり変わらないのかもねとも思いましたが、かなり進化をしています。

Dockの部分は、MacOSのようにお気に入りのアプリをドラッグすると、いままでのように5つとか数が決まってなくて、いくつでも追加することができます。

数が増えてくると、アイコンが小さくなっていく仕様なので、この面から考えても12.9インチの方が使い勝手が良さそうです。

 
Dock表示
また、このようにブラウザやその他アプリを起動させている状態で、画面下からスワイプすると、Dockを表示させることができて、アプリを切り替えたり、「Slide Over」や「Split View」に対応しているアプリを同時に表示させることが可能になりました。

 

「Slide Over」や「Split View」を使う方法

Dockを表示させている状態で、画面横までDockからアプリを掴んで移動させるだけで、「Slide Over」や「Split View」が使えます。
(アプリが対応していることが条件ですが・・・)

iOS10までは、横からスライドさせて対応しているアプリの中から選んで起動するという順序でしたが、インストールしているアプリが多いと、ズラッと出てきて選ぶのが大変でした。

そのあたりは、一気に解消している様子です。

▼表示させた細い方だけが操作可能な「Slide Over(スライド・オーバー)」をさせた状態
「Slide Over(スライド・オーバー)」機能

▼さらに、スライドさせると、半々になって両方操作ができる「Split View(スプリット・ビュー)」が使える
「Split View(スプリット・ビュー)」

▼iOS11では、表示させているアプリの上から、他のアプリを乗せた形で操作が可能になっています。
画面上に表示

 

スクリーンショットに直接書き込むことが可能

スクリーンショットに書き込む
スクリーンショットを撮ると、画面下にレビューが現れるのですが、それをタップするとこのような画面になります。

特別にアプリを起動させなくても、ペン(無くても指でOK)で文字などを書き込むことができるのです。

これは、レビューやアプリの操作の説明なんかにサクッと使えそうな機能で、仕事でかなり使いそうです。

 

ファイルを表示できるようになっている

ファイルの表示
いままで、何でなかったんだ!って機能ですが、やっとファイルを表示できるようになりました。

iPadがPCと比較して不便な点のひとつとして、ファイルがどこにあるのか分からない、ということが挙げられましたが、これで解決です。

 

【1日使ってみた感想】このブログもiPad Proで書いています

結局うえせいはこう思う
アプリケーションの切り替えや、マルチタスクが可能になって、かなり作業が捗る感じがしました。

いままで、いちいちアプリケーションを切り替えるのが面倒だったり、同時に表示させるためにアプリケーションを選択するのが面倒だったりと、いろいろ面倒な点があったのですが、その面倒ポイントがかなり解決された印象です。

これなら、出張先でガッツリとホームページの制作などを行う必要があるなどの作業がない限りは、iPad Proだけでいけそうな気がします。

それに、このアップデートで分かったのですが、マルチタスクにするということは、画面については絶対的に大きい方が有利だということです。

12.9インチは、重い・デカイとのマイナスの印象であまり日の目を見てこなかった感じがしますが、今回のアップデートで注目をされるんじゃないでしょうか?

▼ダブルクリックした時の画面も、重ねて表示ではなく平面になっているので、画面が大きい方が見やすい。
アプリの切り替えも重ねず平面

 

最後に、「iOSのアップデートをする時は、必ずバックアップを取りましょうということ

今回のiOS11のアップデートによる大きな障害は、報告されてないようですが、以前はアップデートすると止まるとか、いろいろとありました。

万が一の為に、確実にアップデートをとっておきましょう。

▼iPadをPCに接続して、iTunesを使ってバックアップをとる。
暗号化にチェックをしてバックアップ
この時、バックアップを残す場所を「このコンピュータ」にして、「ローカルのバックアップを暗号化」にチェックを入れておくことを忘れないようにしましょうね。

▼バックアップの段取りは同じなので、iOS10の時の記事をご紹介

では、また。最後まで読んでくれてテリマカシ。

【関連記事】iPadで、Facebookにピッタリサイズの文字入りアイキャッチ画像を3ステップで作る方法

【関連記事】もっと早く買っておくべきだった! iPad Pro 12.9インチ用「smart キーボード」

【関連記事】iPad Pro12.9インチを8ヶ月使い倒して感想と、使うべきメリット5つ

 

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加