NuAns NEO [Reloaded]は、オンリーワンの持ち心地のスマートフォンだった

NuAns NEO

スマホ

トリニティが発売しているNuAns NEO [Reloaded]というスマートフォンを購入しました。

ガラホ(ガラケーみたいなんだけど、一部スマートフォンのようにも使える)を、メインの連絡手段として便利に使っていたのですが、愛用しているPolar M600という運動に特化したスマートウォッチと連携してくれないという、私にとって痛いポイントのため、またまたスマートフォンに戻ることになったというのが事情です。

とはいえ、私うえせい(@charin_co)は、スマートフォンでは大して性能を必要とすることをしないため、完全にデザイン重視で選んだのがNuAns NEO [Reloaded]でした。

注文して実際に届いて箱を見た瞬間、手に取った瞬間、デジタル製品ではないような印象を持つ、このNuAns NEO [Reloaded]をご紹介させていただきますね。

 
トリニティ株式会社は、デザインに優れた製品他、ユニークなラインナップのデジタル製品を扱っている会社で、デザインが秀逸なものがとても多いです。

 

sponsored link

まず、その化粧箱からして、スマートフォンのそれとは思えない

NuAns NEOの外箱
iPhoneやその他Apple製品の箱は、洗練されていてとてもお洒落な感じがするのですが、NuAns NEO [Reloaded]の箱については、まったく別の方向でのお洒落さを感じます。

ちなみに真ん中の背の高いものが、本体の箱で、その両サイドは、スマートフォンに装着する専用の背面カバーです。

 
コーヒーと並べる
コーヒーと並べてみると、コーヒー豆の箱?、と言っても疑われないような感じです。

 

箱を空けて、NuAns NEO [Reloaded]を取り出す

引っこ抜く
フタを空けて、中箱を引っ張り出すようなイメージで出してきます。

スライドすると本体が出て来る
中箱を出して、真ん中部分をスライドさせると本体がでてきます。

 
説明書
本体をサンドイッチしている両サイドのうち、ひとつは説明書。

USBケーブル
もうひとつは、USBケーブルが入っています。

 
USBケーブル
USBケーブルも、繊維がケーブルをラップして保護している丈夫なものがついています。
ちなみに、USB-Cで、Quick Charge 3.0にも対応しているので、充電時間がかなり短縮できます。

 

NuAns NEO [Reloaded]本体を見ていく

NuAns NEO [Reloaded]本体
本体を箱から取り出してくると、真っ黒のスマートフォンがでてきます。

画面のガラスの両サイドが少し湾曲しているという以外は、そんなに特徴があるわけではありません。

 

背面カバーを取り替えることが、NuAns NEO [Reloaded]の特徴

他のスマートフォンのように、カバーを上からはめ込むのではなく、もともと本体についている背面カバーを取り替えるという方法をとっています。

カバー外す
もともとついてるカバーは端から外すことが可能です。

カバーをはずした状態
カバーを外すとこんな状態です。

カード型のくり抜き
カード型にくり抜かれた部分には、台紙のようなものが入っていますが、この代わりに電子マネーを入れることが可能となります。

ただし、モバイルSuicaアプリを使う場合は、同時に他の交通系電子マネーのカードを入れることはできないようです。

 
SIMとmicroSDを入れるスペース
SIMカードは、microSIMサイズになっていて、NanoSIM用のアダプタが予め付属してありましたので、どちらのサイズでも大丈夫なようです。

 

カバーの箱を開けてみる

カバーの箱(デニム)
背面カバーの箱も、本体同様かなりお洒落な感じがします。

上部のカバーはデニム
かなり種類があって悩んだんですが、上部についてはスマートフォンの素材としてはまず見たことがないデニムにしてみました。

カバーの箱(ウッド)

下部はウッド
下部は、持った時の持ち心地を考えてウッドにしました。

 
もとの背面カバーとの比較
もともとの背面カバーと比較すると、その違いは一目瞭然ですね。

 

【まとめ】持った感想は、天然の木とデニムを使っているため、スマートフォンの冷たい感じがまったくしない

結局うえせいはこう思う
いくらデザインが秀逸なスマートフォンであっても、プラスチックや金属で出来ているのが普通です。
(カバーは別だけど、私はカバーを付けるのが好きではない)

それが、本体自体背面カバーが取り替えることができて、それが木や皮革、デニムなど有機的な素材のものが、かなりの種類ラインナップされています。

どの組み合わせでも、有機的な素材で出来ているものばかりなので、持ち心地はとても優しいです。

また、厚みもうまく考えられていて、薄すぎずカバーの素材感を相まって、持った感じがとても手にフィットします。

その上、最新のAndroid7を搭載していて、おサイフケータイまで付いていて、機能的にも問題ない。

iPhoneX、iPhone8が発表になって発売間近のこのタイミングですが、持ち物として見た時にこのようなアプローチのスマートフォンも良いのではないでしょうか?

では、また。最後まで読んでくれてテリマカシ。

 

 
【関連記事】格安SIMに乗り換えて、スマートフォンからガラケーならぬ「ガラホ(SHF32)」に変えたら快適になった

【関連記事】mineo(マイネオ)にMNPで転入する時に、1xになってLTEの電波を掴まない時に確認すること

【関連記事】法人名義の携帯電話(スマホ)を、大手キャリアからmineo(マイネオ)にMNPする時の注意点

sponsored link

   
うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。
詳しくは、コチラ

 

sponsored link

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加