有鄰庵の黄ニラ醤油を使い、手間ひまかけて卵かけご飯を作ると最高に美味い!

手間のかかった卵かけご飯

やってみた! 食べてみた!

トライアスロンの帰りに訪れた倉敷で購入した有鄰庵の黄ニラ醤油。

有鄰庵となりのカフェの人気メニューというと、「卵かけご飯」と聞いていたので、帰宅後すぐにチャレンジしてみました。

しかも、卵かけご飯も普通に卵を割ってご飯にかけて混ぜるだけでなくて、結構手間をかけてみたところ、とても美味しかったので、その作り方なんかを紹介させてもらいます。

 

sponsored link

使うのは、有鄰庵の黄ニラ醤油

黄ニラ醤油

この醤油は、倉敷では老舗のとら醤油さんと協力して製造してるもので、品質のよい黄ニラだけをかなり多めに使っていて、黄ニラの風味がかなりいいとのことで評判の「黄ニラ醤油」です。

沈殿している黄ニラ
置いておくと、黄ニラは沈殿しています。

光に当ててみると分かるのですが、かなりの量が入っていることがわかります。

実際に味見してみると、甘めのダシ醤油なので、何にでも合いそうですね。

 

 

この有鄰庵の黄ニラ醤油を使って、卵かけご飯を作ってみた

 

卵を黄身と白身に分けます

たまご
まず、卵を用意するのは当たり前なんですが、今回はちょっと手間をかけてみます。

 
卵の黄身と白身を分ける
黄身と白身を丁寧に分けます。

 

白身を泡立てます

白身を泡立つまで混ぜる
泡立て器があれば、それを使って、泡立つまでまぜます。

私の家にあったのは、かなり大きめのものだったので、このあとちょっと小さいものを購入しました。

 
泡立った白身
白身がアワアワになりました。

 

卵を、白身→黄身の順にご飯にかける

白身をご飯にかける
まず、泡だった白身をご飯にかけます。

 
白身をご飯にまぜる
先に、白身とご飯を混ぜておきます。

 
卵の黄身をご飯に載せる
アワアワ&ふわふわになっているご飯に、黄身を乗せます。

 

最後に、有鄰庵の黄ニラ醤油をかけるとできあがり

有鄰庵の醤油をかける
有鄰庵の黄ニラ醤油をかけて

 
黄身を混ぜる
一気に混ぜていただきます。

 

【感想】黄ニラの香りと、ふわふわのご飯がたまらなく美味しい

結局うえせいはこう思う
黄ニラの香りがして、食べる前から食欲をかきたてられて、期待が高まります。

そして、黄身をといて一気に混ぜるて、食べると甘めの醤油と卵の相性が抜群によくて、最高に美味しいです。

また、白身を泡立てていることで、ご飯がふわふわになっていて、なんか高級なものを食べているような感覚にもなります。

黄ニラ醤油は通販でも購入できますので、ちょっといい卵を用意して、リッチな卵かけご飯を作ってみてはいかがですか?

では、また。最後まで読んでくれてテリマカシ。

 
【関連記事】「BODUM TRAVEL PRESS SET」ハイエースで仕事中に美味しいプレス式コーヒーを飲んでみた

【関連記事】大阪府立中之島図書館の中に、美味しいオープンサンドのお店を発見!!

【関連記事】ダッチオーブンで2回目の挑戦! ラタトゥイユを作ってみた【LODGE(ロッジ)ダッチオーブン】

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ