12インチRetina搭載新型Macbookの価格や性能などまとめ

新しいMacBook

2015年3月10日午前2時からのAppleのイベントは、AppleWatchがメインでしたが、同時に12インチのMacBook Airと言われていた新型のMacBookが発表になりましたね。

私うえせい(@charin_co)メインで使っているPCはMac miniでサクサク動くのですが、サブのMacBook Airが2011年モデルで、結構前のもの。

当時WEBで食っていってるなんて考えてなかったもので、性能的にもかなり低いものをチョイスしてしまっていて、買い替えを考えていてずっとこの発表を待っていたのです。

買おうか買うまいか、、、
ひとまず自分で考えるために、スペックを纏めてみようと思います。

 

sponsored link

噂通りのRetinaディスプレイ搭載

新しいMacBook

これによって解像度は、2304✕1440ピクセルとなって13インチのMacBook Airが1440✕900ピクセルとなることから、かなりの解像度アップです。

 

なにより薄い・軽い

新しいmacbook
この薄さがハンパないです。
最薄のノートブックと言われていたMacBook Airを超えて13.1mm
その重さもとうとう1kgを切って、920g

初代のiPadとそう大差ないくらいになってきましたね。

そのためにキーボードにもかなりのこだわりがあるようです。
キータッチも少し変わるみたいですね。
新しいmacbook

 

新しいmacbookの中身のお話

新しいmacbook
CPU自体が省電力なモデルを使っているので、初のフォンが無いモデルになるようです。
こうやってみてみると本体のほとんどが電池ですね。

この他様々な工夫によって、Retinaディスプレイという電力を消耗する物を採用しておきながら、従来のMacBook Airと同じ9時間のバッテリー駆動時間を実現しています。

 

iPhoneのような3色展開になった

新しいmacbook
これは所有する満足度を上げてくれますね。
多分私うえせい(@charin_co)は、シルバーにするかと(意外と保守的なので)

 

外部との接続がUSB-Cが1ポートだけになった

このポート一つで、従来のUSB、HDMI、電源、Thunderboltなど全てをカバーするようです。

便利になりそうですね。

ただ、1つだけというのは少し不安が残る気がします。

 

新しいMacbookの気になる価格は

SSD256GBのモデルが14万8800円、512GBが18万4800円となっています。

うーん、この価格だとmacbookProと競合しちゃうんですよね。
薄さ、軽さ、オシャレ感では悩む余地は無さそうですが。。。

 

うえせいは、どうするん?

うえせいイラスト
かなり待ちに待っていた感のある「新しいMacbook」なのですが、かなり悩んでいます。

というのも、私うえせい(@charin_co)WEBで生計を立てているのです。

いま、メインのMac miniでの作業以外は古いMacBook Airで行っていていて、丸いのがクリクリとよく回ってくれるので作業がのんびりしてしまうのです。

やっぱり性能重視でしょ。

ってことで、コレはうえせい的には見送りです。
ブログの更新とかWEBを見るのがメインの方にとっては、オシャレだしカフェで作業していてもサマになるのでいいと思うのですが、ウェブサイトの制作なんかも行ったりする身分としてはCPUの性能がちょっと不安な感じがします。

とは言っても、発売日の4月10日まで少し悩むと思うのですが。。。

では、また。テリマカシー。

 

sponsored link

新しいMacBook
lineat
「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!
合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加
うえせいイラスト

「合同会社うえせいや」代表の「うえせい」こと上原誠司です。
 
弊社では、WordPressを専門で扱うホームページの制作を承っております。
月額管理料は0円な上、納品後のサボート費用は質問の回答だけであれば永年0円です。
 
お問合せは無料です。お気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。