「Rapha大阪」ロンドン発サイクリングウェアブランドの直営店に行ってみたら、カフェ併設でメチャお洒落だった

Rapha大阪外観

2017年8月2日自転車

自転車がとにかく大好きなうえせい(@charin_co)です。

以前から気になっていた自転車アパレルのお店「Rapha大阪」へ行ってきました。

▼Raphaの説明

Raphaはただのサイクリングアパレルブランドではありません。ハイパフォーマンスウェアとアクセサリー、出版物を擁するオンラインショップだけではなく、ロードサイクリングの文化を発信する直営の実店舗も持ち、サイクリングツアーの運営を行い、世界中にメンバーを持つサイクリングクラブでもあります。
Rapha企業情報より

sponsored link

「Rapha大阪」

▼店内は吹き抜け
Rapha大阪 店内
吹き抜けになっていて、2階建てです。

1階2階ともに、商品が販売されていますが、1階にはカフェスペースがあります。
カフェスペースでは、ロードレースの映像などが大型テレビで流されていて、自転車乗りには嬉しい感じでした。
(平日なのにお客さんがたくさんいて、写真が撮れませんでした)

▼今回購入目的のボトル
Rapha ボトル
自転車のボトルって、結構派手なロゴがプリントしてあることが多いのですが、このボトルは筆記体で「Rapha」と書いてあるだけで、シンプルなところがいいです。

また、キャメルバックのボトルを使っていることもポイント。

逆流しなくなっているので、不用意に溢れることがないのがいいですね。

▼サイクルシューズもシンプル
Rapha 店内シューズ
デザインがシンプルなどで、「いかにも!」走る時のウェアじゃなくても、街乗りで使っても大丈夫なデザインです。

また、上質な素材を使っているようで、触った感じもすごくいいです。

機能的には、他の高機能モデルの方がいいのかもしれませんが、このような選択もありかと思います。

Raphaの商品はネットで購入可能です。

Raphaは店舗もありますが、店舗も少ないためお近くの方でないなら、インターネットでの購入が便利です。

【まとめ】「Rapha」の商品は、シンプルに自転車に乗りたい方に最高

うえせいイラスト
デザインも、派手派手しいプリントをしているものは少なく、とてもシンプルなものも多いです。

私のように、自転車をレースやそのための練習という以外に、街でカフェに行ったりする時に乗るなんて方には、最高です。

ホントに近くなら、普段着でもいいですがちょっと遠出をするなら、自転車に乗るための機能は欲しいところですが、オシャレなお店に入っても違和感のないデザインが欲しいですからね。

では、また。最後まで読んでくれてテリマカシ。

【関連記事】ORTLIEB(オルトリーブ)サドルバッグマイクロを装着。パンク修理セットがスッキリ収納できた件

【関連記事】南船場 眼鏡&スポーツグラスサロン眼’z(ガンズ) 度入りもOK! スポーツサングラスを購入するなら、この店一択

【関連記事】フィジーク トライアスロン用ノーズレス サドル「TRITONE 5.5」が、かなり快適な件

sponsored link





 

lineat

「この記事が気に入ったらLINE@で友だち追加をしよう!

合同会社うえせいやの最新情報をお知らせします。

友だち追加

うえせいイラスト

この「うえせいやブログ」は、合同会社うえせいやが運営する自社メディアです。
【運営している人】
うえせい
【本名】
上原誠司(合同会社うえせいや代表社員社長)
【お仕事】
◯WordPressを使ったホームページの制作
◯自社オウンドメディア運営
◯中小企業向けITサポート
 
【好きなこと】
トライアスロンと自転車とアウトドアをこよなく愛しています。

詳しくは、コチラ

2017年8月2日自転車

Posted by 合同会社うえせいや 代表うえせい